産経WEST

患者3835人の情報が入ったUSBを紛失 兵庫医科大

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


患者3835人の情報が入ったUSBを紛失 兵庫医科大

 兵庫医科大学病院(兵庫県西宮市)は24日、20代の女性薬剤師が、今年4月~6月末に同病院糖尿病・内分泌・代謝内科を受診した患者3835人の氏名や生年月日などの個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。現在のところ、個人情報の流出は確認されていないという。同病院は患者に文書で謝罪し、甲子園署に遺失物届を提出した。

 同病院によると、女性薬剤師は糖尿病治療薬の使用状況調査のため、今年7月21日、個人情報を管理する同病院の情報センターから、患者のデータを私物のUSBに入れて受け取った。

 その後、同病院薬剤部のパソコンでデータを閲覧。USBは更衣室にある個人ロッカーで保管していた。9月15日、女性薬剤師がデータを再び確認しようとしたところ、ロッカー内にUSBがないことに気づいたという。

 難波光義病院長は24日、会見し、「本人の過失だが、病院全体の指導、管理が不十分だった。直ちに管理体制の強化などの再発防止策をとる」と話した。

「産経WEST」のランキング