産経WEST

パチンコ、マージャン…介護利用「NO」 神戸市議会で条例案可決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パチンコ、マージャン…介護利用「NO」 神戸市議会で条例案可決

神戸市の久元喜造市長=7月6日、豪州ブリスベン(共同)

 パチンコやマージャンなどの遊技を主な介護予防として提供するデイサービス施設を事業所指定しないようにできる改正条例案が24日、神戸市議会で可決、成立した。市によると、自治体がこうした施設を規制するのは全国で初めてとみられる。市は今月中にも施行する考え。

 改正条例案が対象とするのは、「アミューズメント型」や「カジノ型」と呼ばれる通所介護。パチンコやマージャン、ルーレット、カードゲームなどに特化した設備を備え、長時間遊技をさせる可能性が高い施設を指し、同様の施設は全国的に増えているという。

 市が規制する内容は、日常生活から著しく逸脱した遊技▽射幸心をあおり依存性を強める疑似通貨の使用▽賭博や風俗営業を連想させる名称や広告-など。これらを主体とする介護内容は、高齢者の自立を支援する介護保険法の趣旨に反すると判断し、事業所の開設申請の段階で指定しない。

 市は、さいたま市や横浜市のアミューズメント型介護施設を視察。これらの施設では、常時マージャンをしている利用者などがみられたという。

「産経WEST」のランキング