産経WEST

【衝撃事件の核心】「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態

「裏コリアタウン」の今里新地の一角で起きたベトナム人グループによる殺傷事件。現場付近の防犯カメラには激しい暴行の様子が写っていた=9月6日午後11時過ぎ、大阪市生野区新今里(住民提供) 「裏コリアタウン」の今里新地の一角で起きたベトナム人グループによる殺傷事件。現場付近の防犯カメラには激しい暴行の様子が写っていた=9月6日午後11時過ぎ、大阪市生野区新今里(住民提供)

 また、地区内で居酒屋を経営する韓国籍の女性(54)は「ベトナム人は後から(地区に)入ってきたのに、大きな顔をするからとても不愉快」と顔をしかめる。

 生野区内でのベトナム人の急増は、統計からも明らかになっている。

 生野区役所によると、区内の外国人登録者数は8月末現在で約2万7500人。歴史的背景や元来の土地柄などもあり、そのうち9割近くを韓国・朝鮮籍が占めるが、ベトナム人は中国人(約1700人)に次ぐ約900人。24年4月時点の約150人に比べると、3年余りで約6倍になった。

格安家賃、利便性高く

 なぜ、全国有数のコリアタウンにベトナム人が住むようになったのか。

 最大の理由は、アパートやマンションの家賃の安さとみられる。大阪・キタやミナミの相場と比べれば、賃料は格段に安いからだ。

 今里新地でアパートを経営する女性は「空き室が目立つようになり、数年前から『外国人入居可』にした途端、満室になった。家賃の安さが口コミで広まったのでは」。

 別のアパート管理人の女性は「少々マナーが悪くても目をつむっている。勝手にルームシェアをしているベトナム人もいるが、見過ごしている」と明かす。

 また、日本の語学学校で学ぶ留学生のために、学校側がアパートを借り上げ、ベトナム人やアジア系の生徒らを住まわせるケースもあるという。語学学校関係者は「家賃が安いというのが最大の理由だが、学校や繁華街へのアクセスも良く、生徒からも人気だ」と説明する。

このニュースの写真

  • 「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態
  • 「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態
  • 「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態

関連トピックス

「産経WEST」のランキング