産経WEST

水球女子日本代表が「一日署長」 大津北署

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


水球女子日本代表が「一日署長」 大津北署

道の駅「妹子の郷」でチラシを配る森翼さん(右)

 「秋の全国交通安全運動」がスタートした21日、滋賀県警大津北署の「一日署長」に、水球女子日本代表で大津市のびわこ成蹊(せいけい)スポーツ大大学院に通う森翼さん(23)が就任。署員らとともに管内の道の駅で交通安全を呼びかけた。

 若い人に交通安全の意識を高めてもらおうと、同世代で日本代表として活躍する森さんに同署が協力を依頼。同署の出動式で一日署長に任命された森さんは「若い人に交通安全を呼びかけたい」と抱負を語った。

 その後、同市和邇中の道の駅「妹子の郷」で、森さんら同大の水球部員18人が、署員らと一緒に交通安全活動に参加。「夕暮れ時から自転車のライトをつけて」「すべての座席でシートベルトの着用を」と書かれたチラシを訪れた人に配布した。

 同署の大川貴之交通課長は「今年に入ってこれまでに管内で、交通死亡事故は発生していない。取り締まりや街頭活動に力を入れ、交通事故による死者を出さないように努める」と話していた。

「産経WEST」のランキング