産経WEST

また堺市! 国勢調査情報100世帯分を一時紛失 泥酔して置き引き被害、届けたのはゴルフ後

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


また堺市! 国勢調査情報100世帯分を一時紛失 泥酔して置き引き被害、届けたのはゴルフ後

 堺市は21日、国勢調査にインターネットで回答した市民100世帯の世帯主名と住所、家族構成を記したリストを、調査指導員を務める上下水道局経営企画課の男性主査(34)が泥酔した状態で一時紛失したと発表した。

 市によると、主査は当初「19日未明、(堺市北区の)JR阪和線百舌鳥駅前で、リストが入ったバッグを横に置いたまま寝入り、盗まれた」と説明。だが実際は駅構内にバッグを置き忘れたとみられる主査の姿が防犯カメラに写っており、早朝に3駅離れた鳳駅に届けられた。

 主査は国勢調査で西区内8地区の調査員の指導を担当。主査の当初の説明によると、ネットで回答した世帯に調査員が書類を重複して配布しないようリストを印刷し、18日夕の帰宅時に持ち出した。帰宅途中に友人と酒を飲んだという。19日未明に紛失に気付き、自分で探したが見つからず、翌20日は朝からゴルフに出掛け、夕方にゴルフ場で上司に打ち明けた。市に届けたのは同日夜だった。

 堺市では、職員による全有権者約68万人分の情報持ち出しと市民約1650人分のネットへの情報流出が相次いで発覚していた。

「産経WEST」のランキング