産経WEST

【ビジネスの裏側】ハロウィン目当てに訪日客…SNSが魅力を拡散、バレンタインと並ぶ1200億円市場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
ハロウィン目当てに訪日客…SNSが魅力を拡散、バレンタインと並ぶ1200億円市場

ハロウィン仕様にラッピングされたリーガロイヤルホテルのシャトルバス。女性運転手は魔女に扮している=大阪市北区(寺口純平撮影)

 東急ハンズ心斎橋店(大阪市)は既に装飾品を販売しているが、9月下旬からゾンビ風衣装やメーク用品など仮装グッズの展開を本格化。10月24日からは商品を使ったメークイベントも開く。「コスチュームなどは毎年、買い替える傾向にあり、新たな需要が期待できる」と同店広報担当の森岩小織さん。同店ではハロウィン関連商品の売り上げがクリスマス級に増えていることを受け、今年は前年の2割増を目指す。

 婦人衣料を手掛けるジェイ・ビー(同市)は初めてハロウィンをモチーフにした婦人靴を企画。「コスプレする際の足元に使ってほしい」と、広報担当者の田中恵理子さん。全国の直営店約60店のほか、ウェブサイトでも9月25日から数量限定で販売。売れ行き次第で「来年は商品の拡充も考えたい」という。

 また、今年はJR大阪駅の駅ビル「大阪ステーションシティ」初のハロウィン企画として、SNS活用を意識した写真スポットも登場する。お化けカボチャに乗ったり、魔法使いのほうきで空を飛んでいたりするかのように見えるトリックアートの写真スポットを、10月26~31日にJR大阪駅5階「時空の広場」など3カ所に設置する予定だ。

 3カ所で撮影した写真を提示すると1日先着100組に景品のお菓子をプレゼントする趣向で、同駅ビルには国内外から多くの来場客を見込んでいる。

このニュースの写真

  • ハロウィン目当てに訪日客…SNSが魅力を拡散、バレンタインと並ぶ1200億円市場
  • ハロウィン目当てに訪日客…SNSが魅力を拡散、バレンタインと並ぶ1200億円市場
  • ハロウィン目当てに訪日客…SNSが魅力を拡散、バレンタインと並ぶ1200億円市場
  • ハロウィン目当てに訪日客…SNSが魅力を拡散、バレンタインと並ぶ1200億円市場
  • ハロウィン目当てに訪日客…SNSが魅力を拡散、バレンタインと並ぶ1200億円市場

「産経WEST」のランキング