産経WEST

【夕焼けエッセー8月月間賞】命の重さ改めて考える

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夕焼けエッセー8月月間賞】
命の重さ改めて考える

奈良公園内に離れが点在する江戸三で選考会に臨んだ玉岡かおるさん=7日、奈良市

 8月月間賞選考会は、奈良公園内にある料理旅館「江戸三」で開催した。司会は産経新聞文化部の尾垣未久。

戦後70年特集への投稿は143通に

 尾垣:本日は眉村先生が軽い熱中症により大事をとってご欠席です。選考はご一任いただいたので、講評は別途お聞きします。8月は戦後70年特集とし集中掲載しました。7月から9月初めまでに143通の投稿がありました。

 藤浦:毎年8月は必ず戦争話の投稿がありますが、特集への反響は予想以上でした。

 玉岡:どのお話も甲乙つけがたく、どれかを月間賞に、というのも辛いところ。地域によっても詳細な記録があって、知らなかった情報も得られました。

 藤浦:内容はどれも貴重なもので、本当は投稿全部を載せたかったです。

 尾垣:玉岡先生のいち推しは、自宅の上空で撃墜されたB29から投げ出され亡くなった若い米兵士を見、自分の出征した兄と重ねて涙したという「2人の少年兵士」です。

 玉岡:こんな視点でのお話があっただろうか、と思いましたね。戦時中でも相手を思いやる気持ちが伝わります。敵兵を自分の兄と重ね合わせるところが、ヒューマニズムにあふれているなぁと。

 尾垣:藤浦部長のいち推しは、祖父母から聞いた戦争の体験を、30歳の筆者が受けた衝撃をそのままに書き起こした「祖父母のはなし」です。

このニュースの写真

  • 命の重さ改めて考える

「産経WEST」のランキング