産経WEST

【緊迫・安保法案】松井知事「パフォーマンス、民主は対案も何もない」痛烈批判

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【緊迫・安保法案】
松井知事「パフォーマンス、民主は対案も何もない」痛烈批判

橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事

 大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は18日、17日の参院平和安全法制特別委員会で、安全保障関連法案が与党などの賛成多数で可決されたことについて「強行採決でも何でもない」と述べた。府庁で記者団の質問に答えた。

 松井氏は、安保関連法案に関し「十分な時間を取って審議はされたと思う」との認識を示した上で、「中身が国民の皆さんに伝わらないのは、民主党が対案も何も出さなかったからだ」として、法案をめぐる民主党の対応を批判した。

 また、野党側が衆院に内閣不信任決議案を提出することについては「まさに自分たちの存在意義のアピール、パフォーマンスでしかない」と非難。維新の党が出した対案が十分議論されなかったと指摘しながらも、安倍内閣の審議の進め方は「不信任にはあたらない」との考えを強調した。

「産経WEST」のランキング