産経WEST

ドローンの意外な活用法とは… 離島支援へ医療品の輸送実験、パラシュートで物資を投下

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ドローンの意外な活用法とは… 離島支援へ医療品の輸送実験、パラシュートで物資を投下

ドローンの離陸前に入念なチェックをするスタッフ

 「ドローン」などの小型無人機の空撮などを手がける香川県内の事業者4社は15日、飛行機型の「無人固定翼機」を使って同県観音寺市の離島に医療物資などを配送する実証実験を行った。

 同市と事業者が進める「瀬戸内かもめプロジェクト」の一環で、無人機による危機管理、物資運搬、遠隔医療が目的。同市と災害時における協力協定を結んでいる「空撮技研」、遠隔医療分野を研究する「メロディ・インターナショナル」、物資輸送の「KamomeAirプロジェクト」と「フジ・インバック」が参加した。

 実験は、同市の有明グラウンドから約10キロに位置する伊吹島までを往復ルートに行われた。

 無人機の中央下部分に医薬品に見立てた500グラムの物資(なまり)を搭載して高度約130メートルの上空を時速70キロで島に向かった。島の学校のグラウンド上空に到達した無人機からは遠隔操作でパラシュート付きの物資がグラウンドに投下された。

 今回の実験では、物資運搬の無人機を別の無人機が空撮で監視したり、同市の琴弾公園上空で有害ガスの分布状況を確認する香川大との共同環境調査なども行われた。

 遠隔医療研究のメロディ・インターナショナルの尾形優子社長は「薬不足や急を要するときにドローンなどの無人機の物資輸送が役立つ。全国の離島で応用できるので、実用化されることを期待している」と話した。

このニュースの写真

  • ドローンの意外な活用法とは… 離島支援へ医療品の輸送実験、パラシュートで物資を投下

「産経WEST」のランキング