産経WEST

鴨川 望遠レンズで対岸の女性2人の下着撮影 京都銀行員を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鴨川 望遠レンズで対岸の女性2人の下着撮影 京都銀行員を逮捕

 京都市の鴨川河川敷で対岸から女性の下着を撮影したとして、京都府警中京署は13日、府迷惑行為防止条例違反の疑いで、京都銀行員の男(28)=京都市伏見区深草関屋敷町=を逮捕した。同署によると、「スカートの中に興味があった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、同日午後2時45分ごろ、京都市東山区の鴨川左岸の河川敷で、対岸に座っていた会社員の女性(24)=滋賀県大津市=ら2人のスカート内を望遠レンズ付きカメラで撮影したとしている。

 同署によると、男は川幅が約30メートルある鴨川の対岸から女性の下着を撮影していた。不審に思った女性が近くの交番に相談し発覚。カメラには、別の女性の下着なども写った写真が約200枚保存されていたという。

「産経WEST」のランキング