産経WEST

奈良・十津川村で「水道水から異臭」 2カ月給水停止続く、原因は不明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良・十津川村で「水道水から異臭」 2カ月給水停止続く、原因は不明

 奈良県十津川村の永井地区で7月中旬以降、住民から「水道水から異臭がする」との指摘があり、給水停止の状態が続いている。県などによると原因は不明だが、上流の基礎工事で使われた再生材を問題視する声があることから、基礎部分の撤去を開始。今後、再生材ではなく現場の石材などを使って基礎を再構築するという。

 同地区では、上流にある天然のダム湖「大畑瀞(おおばたけどろ)」からの伏流水を取水し、簡易水道で飲み水として利用。村などによると、7月16~17日の台風11号接近直後に水がわかなくなり、回復後は異臭がするようになったという。

 同地区には29世帯77人が居住。同村水道課が7月24日に実施した水質検査では4項目で基準を上回り、特に水の着色や濁りを示す「色度」と「濁度」は基準値の約3~4倍の値だった。同地区では現在、村職員らが給水車など5台で1日7~8往復し、約100トンを配水池に運んで水を供給しているという。

 大畑瀞は平成23年の紀伊半島豪雨災害で水があふれたため、県は26年度に仮設の排水管を設置。排水管の基礎部分には、廃コンクリートや石などを数ミリ~数センチに粉砕した再生材「再生クラッシャラン」を約300立方メートル分使用した。台風11号の接近で排水管と基礎が被災したため、再生クラッシャランの一部がダム湖内に流出したとみられるという。

「産経WEST」のランキング