産経WEST

武藤貴也衆院議員 選挙でも金銭トラブル スタッフ報酬めぐり、昨年和解

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


武藤貴也衆院議員 選挙でも金銭トラブル スタッフ報酬めぐり、昨年和解

記者会見する武藤貴也衆院議員。地元・滋賀も混乱した=衆院第2議員会館(酒巻俊介撮影)

 未公開株をめぐる金銭トラブルなどが報じられた武藤貴也衆院議員(滋賀4区)が、平成24年の衆院選で選挙スタッフとして雇用した男性から未払いの報酬を請求する訴訟を起こされ、武藤氏が約30万円を支払うことで昨年に和解していたことが6日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、男性は25年10月、大津簡裁に提訴。訴状などによると、武藤氏は24年12月公示の衆院選に向け、同年11月に男性を選挙スタッフとして雇用。約2カ月間で100万円の報酬を支払うとする契約を口頭で結んだが、実際に支払われたのは60万円だけだったとして、男性が残る40万円の支払いを請求した。

 武藤氏は当初、男性との間で合意した報酬額は100万円ではなく、月額30万円だったため計60万円を支払ったなどと主張していたが、その後、武藤氏が約30万円を支払うなどの内容で和解が成立。昨年2月に訴えが取り下げられたという。

 武藤氏の事務所は産経新聞の取材に対し「当時を知るスタッフがおらず、確認できない」としている。

「産経WEST」のランキング