産経WEST

「自転車無料で整備します」全国ワーストに危機感、大阪府警がキャンペーン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「自転車無料で整備します」全国ワーストに危機感、大阪府警がキャンペーン

警察官の呼びかけに応じ、自転車の無料点検を受ける人たち=大阪市東成区

 大阪府内の自転車事故が全国ワーストに陥っていることを受け、大阪府警は今月、府自転車軽自動車商業協同組合と協力し、「自転車無料点検キャンペーン」を始めた。同組合に加盟する店舗のうち府内の広い範囲にわたる84店の自転車ショップで実施。期間は最も長い店舗で今月末までで自転車事故防止を目指す。

 府警によると、今年1月から7月末までに府内で発生した自転車事故は7092件、死者は36人に上り、いずれも全国ワーストだった。同組合は交通安全運動期間中に無料点検に取り組んだことはあるが、今回は府警が主導して1日から始めた。無料点検の項目はブレーキ、フレーム、ハンドル、ペダルなど。

 大阪市東成区大今里南の交差点では4日、府警の警察官や地元ボランティアら約40人がビラを配り、無料点検を呼びかけた。自転車に乗って通行していた主婦や学生らが点検に応じ、近くの自転車ショップでタイヤの空気を入れたり、チェーンに油を差したりした。

 府警自転車対策室の吉川恭子室長は「ブレーキの効き方一つで防げる事故もある。この機会にぜひ近くの自転車ショップで点検してほしい」と話した。

 無料点検できる店舗は府警のホームページで公開している。

 自転車の運転をめぐっては改正道路交通法が6月に施行され、飲酒運転や信号無視などの危険な行為を繰り返した運転者に安全講習を義務づけることになっている。

「産経WEST」のランキング