産経WEST

高齢者の健康や生活 スマホで支援 奈良県アプリ開発へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高齢者の健康や生活 スマホで支援 奈良県アプリ開発へ

奈良県が開発中のアプリを搭載した試作機。地域に応じた生活支援を提供するのが目的だ

 山間部に暮らす高齢者の生活を支援しようと、奈良県がスマートフォン(スマホ)を活用した生活支援アプリの開発に乗り出したことが5日、分かった。高齢者にアプリ搭載済みの専用スマホを持ち歩いてもらい、歩数による健康管理や地元商店と連携した買い物支援、災害情報提供などを検討している。すでに一部で試用を始めており、自治体独自でこうしたアプリを開発することは珍しいといい、効果が注目される。

 対象は、高齢化と過疎化が深刻な県南部や東部の高齢者。アプリを搭載した専用スマホを2台で1組とし、1台は本人、もう1台は保健師や家族ら「見守る側」が持つ。生活支援と見守り、災害時の支援を一体で行い、1日の歩数や移動経路、位置情報を確認できる機能のほか、防災情報や避難勧告など、自治体からの通知を音声で流す。

このニュースの写真

  • 高齢者の健康や生活 スマホで支援 奈良県アプリ開発へ

「産経WEST」のランキング