産経WEST

“後継”と骨肉の争いに?…大阪・池田市長選、前市長の倉田氏立候補へ 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“後継”と骨肉の争いに?…大阪・池田市長選、前市長の倉田氏立候補へ 

前池田市長の倉田薫氏

 任期満了に伴い、12月6日に投開票される大阪府の池田市長選について、前市長の倉田薫氏(67)が立候補の意志を固めたことが4日、関係者への取材で分かった。同市長選には現職で、倉田氏が平成23年に府知事選に立候補する際に後継指名した小南修身市長(68)もすでに立候補を表明しており、異例の選挙戦が展開されそうだ。

 関係者によると、倉田氏は支持者に対し「池田のために最後のご奉公を」などと記した文書を郵送。産経新聞の取材に対し、「現市政は停滞している。このまま任せるわけにはいかない」と述べ、月内にも出馬を表明する意向を示した。

 倉田氏は池田市議を経て7年に市長に初当選した。5期目の23年11月に市長を辞職し、大阪都構想に反対する自民府連などの推薦を受けて府知事選に出馬。松井一郎知事に敗れた。

「産経WEST」のランキング