産経WEST

飛鳥京跡苑池で初めて門跡見つかる 天武天皇ら出入りか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


飛鳥京跡苑池で初めて門跡見つかる 天武天皇ら出入りか

飛鳥京跡苑池で見つかった、門跡とみられる柱穴=3日、奈良県明日香村

 飛鳥時代(7世紀)に造られた国内初の宮廷庭園跡、飛鳥京跡苑池(えんち)=奈良県明日香村=で、苑池に入るための門跡が初めて見つかり3日、橿原考古学研究所が発表した。天皇らが利用したとみられ、橿考研は「苑池の全体像を考える上で重要な成果」としている。

 門跡は苑池を囲んだ東面大垣(塀)で見つかり、長さ10・8メートル、幅5・4メートル。方形の柱穴の一辺は最大約1・8メートルで、豪壮な門だったとみられる。

 この門では柱と柱の間の扉が取り付く部分が4つ(4間)あることも判明。門ではこの数は奇数が一般的で、出入り口の役割とともに、別の機能があったことも考えられるという。

 飛鳥京跡苑池は、天武天皇らが政治を行った飛鳥浄御原宮(きよみはらのみや)の西側に位置。これまでに2つの池や、池の中に造られた島が出土。外国使節などを歓迎する饗宴の場として利用されたとみられている。

「産経WEST」のランキング