産経WEST

【歴史事件簿】第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歴史事件簿】
第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける

ガダルカナルの飛行場。のちに「ヘンダーソン」と名付けられた

 昭和17年6月、ミッドウェーで主力空母4隻を失った日本海軍は、これから予想される連合国の反攻を食い止めるのと同時にオーストラリアの孤立化を狙い8月、南太平洋・ソロモン諸島の一角、ガダルカナル島に航空基地を完成させた。だが、これに危機感を抱く連合国が派遣する1万9000の兵に占領される。以後、兵と物資を上陸させる連合国軍。これに対し、基地の早期奪回に執念をみせる日本も攻撃機と艦隊を急行させた。

占領された飛行基地

 オーストラリアとアメリカの間を分断したい日本は昭和17年春、第1段として珊瑚海(さんごかい)でアメリカと空母同士の決戦を行い、アメリカもだが、日本も相当の手傷を負ったために作戦を延期する。続くミッドウェーで大敗するが、まだ互角に戦える力があったことから米豪分断の意欲は衰えてはいなかった。

 空母の代わりにオーストラリアの東、フィジー諸島などへ進出するための航空基地をガダルカナル島に求め、8月5日に800メートル滑走路が完成する。ところが7日午前5時ごろ、1万9000のアメリカ兵と航空機がガダルカナル島と対岸のツラギ島を強襲してきた。

 アメリカもオーストラリアとの分断を恐れ、ソロモン諸島の占領を目標に作戦を立てていた矢先に日本軍の飛行場建設を知ると、すぐに奇襲に出たのだ。

 対する日本は、この地域での連合国の戦略的価値は低いとみていただけにガダルカナル島には3000弱の兵と工員、ツラギ島などに至っては800しかいない。このためアメリカ軍の猛攻に耐え切れず、守備隊は「機動部隊を含む上陸部隊出現」の電文を残して全滅する。

このニュースの写真

  • 第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける
  • 第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける
  • 第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける
  • 第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける
  • 第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける
  • 第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける
  • 第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける
  • 第1次ソロモン海戦(上) 作戦名「殴り込み」 ガダルカナル奪回狙い、得意の“夜戦奇襲”仕掛ける

「産経WEST」のランキング