産経WEST

【衝撃事件の核心】「声を聞くと体が溶けそう」〝ヘビメタ先生〟に片思い、女ストーカーの暴走 司法「理解不能」と一刀両断 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「声を聞くと体が溶けそう」〝ヘビメタ先生〟に片思い、女ストーカーの暴走 司法「理解不能」と一刀両断 

ミュージシャン養成学校の〝ヘビメタ先生〟に4年間にわたって片思いを募らせ、何度もメールを送りつけていた35歳の女ストーカー。あまりの奇行に、学校側は女を〝要注意人物〟として対応にあたり、ついに訴訟を提起した

 《先生のことが本当に好き》《思いっきり抱きしめてもらいたい》。甘い言葉をしたためたメールの送り主は、先生に恋する生徒ではなく、35歳のストーカー女だった。片思いをしていたミュージシャン養成学校の男性教員に4年にわたって付きまとい、学校の業務を妨害したとして、大阪地裁は7月、女に学校への立ち入りや学校関係者との接触を禁じる判決を言い渡した。女は教員らに最大5千字からなる計446通のメールを送信。勝手に校舎に侵入して教員に熱い視線を送ることもあり、学校関係者はそのたびに対応に追われていた。恐怖すら覚える女の奇行に、学校側はどう立ち向かったのか。

「タワシを見ても幸せ」

 平成21年、大阪府内に住む女(35)は、ミュージシャン養成学校の大阪校で開催された体験入学(オープンキャンパス)に参加した。学校は音楽業界の人材育成を担う目的で設立され、有名ダンスボーカルユニットのメンバーのほか、多くのバンドやソロアーティストを輩出したことでも知られている。

 そこに現れたのが、体験入学で講師を担当していた男性教員。海外のヘビーメタルバンドのメンバーのように、肩まで伸ばした髪を茶色に染め、ゆるいパーマをかけていた。授業で参加者らに自身が作詞・作曲した歌をピアノの弾き語りで披露。硬派な外見からは予想もつかない甘い歌声に、女は一気に恋に落ちた。

 教員からメールアドレスを聞き出すことに成功した女は、間もなく恋心を告白するメールを送り始める。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング