産経WEST

「隠れ家バー」食べログ掲載、店側と運営会社が和解 公開の電話番号や地図削除

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「隠れ家バー」食べログ掲載、店側と運営会社が和解 公開の電話番号や地図削除

 「秘密の隠れ家」をコンセプトにしたバーの店舗情報がグルメ情報サイト「食べログ」に掲載され、コンセプトが台無しになったとして、バーの経営会社がサイト運営会社「カカクコム」(東京)に情報の削除と330万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪高裁(片岡勝行裁判官)で和解したことが31日分かった。7月30日付。

 和解内容について、両社は「回答できない」として明らかにしていないが、食べログからは当初公開されていたバーの電話番号や地図が削除されており、カカクコム側が一部請求に応じたとみられる。

 訴訟記録などによると、バーは看板を設置せず、オートロック式の鉄扉を店員が解錠して入店させるといったシステムで紹介客向けに営業。客に口コミを投稿しないよう呼びかけていたが、平成24年11月に店内写真や入店方法といった情報が食べログに投稿された。

 バーの経営会社がその後、「店舗経営に著しい不利益を被った」として情報削除を求めたが、カカクコムは「ユーザーの表現の自由や知る権利を不当に制限する」と拒否し、訴訟に発展した。

 今年2月の1審大阪地裁判決は、情報削除に応じないカカクコム側の対応について「違法と評価されるほど悪質ではない」として請求を棄却。経営会社側が控訴していた。

「産経WEST」のランキング