産経WEST

「簡単にやれた」営利目的で覚せい剤所持、14人検挙

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「簡単にやれた」営利目的で覚せい剤所持、14人検挙

 奈良県警組対1課などは28日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)などの容疑で、同県葛城市八川の自称契約代理業、田辺幸太郎容疑者(27)ら14人を検挙したと発表した。田辺容疑者は「手を出したら簡単にやれた」などと供述、容疑を認めているという。

 県警によると、田辺容疑者は3月、内縁の妻で無職の神田育代容疑者(37)=同県安堵町東安堵=と共謀し、営利目的で覚醒剤を所持したとして同法違反容疑で逮捕。両容疑者の自宅や車の家宅捜索で宅配便の伝票などを押収したことで、客らの検挙につながった。

 田辺容疑者は昨年9月、インターネット上に掲示板を立ち上げ、ここでの書き込みを通じて客に覚醒剤などを宅配便で配送。客は使用や販売目的で購入していたという。県警は両容疑者宅などの家宅捜索で、覚醒剤計約22グラム(末端価格約150万円)などを押収した。

 奈良地検葛城支部は28日、麻薬特例法違反罪(業としての譲渡)で、田辺容疑者を起訴した。

「産経WEST」のランキング