産経WEST

【山口組分裂・緊急再掲】山一抗争外伝 大物組長に呼び出されて

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【山口組分裂・緊急再掲】
山一抗争外伝 大物組長に呼び出されて

※この記事は、2011年10月13日に「【関西事件史】山一抗争外伝 大物組長に呼び出されて」としてMSN産経ニュースWestに掲載されたものです。

 昭和60年3月初め、大阪・桜橋(当時)にあった夕刊フジ大阪編集部に一本の電話が鳴った。

 野太い声で「この間の1面の記事やけどなぁ」。電話の主は、広島の広域暴力団、共政会の幹部を名乗り、「記事には事実誤認がある。親分がえろう怒ってはるから、広島まで説明にこいや」と有無を言わさぬ調子だった。

 指摘された記事は、数日前に先輩記者が特ダネとして報じた。反山口組組織「関西二十日会」のリーダー的存在だった共政会の山田久会長(故人、当時56歳)が、完全装備のベンツ改造リムジンを輸入したというものだった。

 山田会長といえば、映画「仁義なき戦い」のモデルの一人で、武闘派として知られていた。山口組4代目の竹中正久組長が、一和会のヒットマンに射殺されてから1カ月余り。これまで旗幟(きし)を鮮明にしていなかった広島ヤクザが、いよいよ一和会側に立ち、「参戦」するのではないか、というのが記事の見立てだった。

 これにカチンときた共政会側から、広島まで呼び出されたわけだが、入社2年目で夕刊フジの大阪府警詰めだった記者もなぜか「カメラマン」として同行させられることになったのだ。

「産経WEST」のランキング