産経WEST

【関西の議論・動画】実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論・動画】
実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは

ダンスを披露するコスプレシンガーの麻倉ケイトさん=大阪市天王寺区

マイケルに憧れて

 麻倉さんは奈良県桜井市出身。3歳のころにマイケル・ジャクソンの「スリラー」のプロモーション・ビデオを見てダンスに興味を持ち、小学生でダンス教室に通い始めた。「男性」として振る舞わなければならない学校での友達関係や教師とのやりとりが煩わしく、ダンスに打ち込むことで、もどかしさや苦しさを紛らわしていたという。

 徐々に頭角をあらわし、歌手のバックダンサーとしてステージに立つように。実は目立ちたがり屋な性格で、「ダンサーよりも注目される歌手を目指そう」と11年、芸能プロダクション「レインボーミュージック」の門をたたく。社長の叶ともみさんと出会い、14年にビジュアル系歌手「KEITA(ケイタ)」として活動を始めた。

 高校卒業後に家を出て、レッスンに励む麻倉さんを叶さんもかわいがり、母親のように接してきた。だが、人気が出始めると、男性歌手として一生を過ごすことへの不安が押し寄せ、その葛藤から自傷行為を繰り返すように。そんな麻倉さんを叶さんは全身で受け止め、絆をさらに強めていったという。

 「1人でも分かってくれる人がいるとこんなに楽なんだと。自分を好きになり、強くなりました」

 徐々に「自分らしく生きたい」という思いが強まり、21年に思い切ってカミングアウトした。それからは人が変わったように性格が明るくなり、人と会うのも積極的になっていった。

 翌22年、精巣摘出手術を受け、女性歌手でモデルの「麻倉ケイト」として再出発した。

そして、海外メディアも即応「性同一性障害を克服した“実写版”ミク誕生!」

このニュースの写真

  • 実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは
  • 実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは
  • 実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは
  • 実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは

関連トピックス

「産経WEST」のランキング