産経WEST

山口組、分裂へ 十数団体脱退し新組織か 結成100年の節目に内部対立表面化

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


山口組、分裂へ 十数団体脱退し新組織か 結成100年の節目に内部対立表面化

山口組総本部に入る組員を乗せた乗用車=27日、神戸市灘区篠原本町 山口組総本部に入る組員を乗せた乗用車=27日、神戸市灘区篠原本町

 日本最大の指定暴力団山口組(神戸市)が分裂する可能性が高いことが27日、捜査関係者への取材で分かった。複数の有力直系(2次)団体が山口組から脱退し、新たな組織を立ち上げる模様だ。兵庫県警や大阪府警など警察当局は情報収集を進めるとともに、分裂に伴って抗争に発展する恐れもあるとみて、警戒を強めている。

過去に分裂「山一抗争」…当局も動向を注視

 山口組は今年結成から100年となるが、節目に組織内の対立が表面化した格好。現在の篠田建市(通称・司忍)6代目組長に反発するグループが山口組を離脱するとみられ、捜査関係者によると、十数団体が離脱する方向という。

 27日午前には、神戸市灘区の山口組総本部で緊急の執行部会が招集されたが、捜査関係者によると、山口組内の最大派閥である山健組(同市)などの複数の団体が欠席した。

 捜査関係者によると、6代目就任以降、篠田組長の出身母体である弘道会(名古屋市)を中心とした執行部体制が築かれ、神戸や大阪など関西の直系組長らの間では不満がくすぶっていたという。

44都道府県、1万人超す組員の動きは…

このニュースの写真

  • 山口組、分裂へ 十数団体脱退し新組織か 結成100年の節目に内部対立表面化
  • 山口組、分裂へ 十数団体脱退し新組織か 結成100年の節目に内部対立表面化

「産経WEST」のランキング