産経WEST

【マニアック街道】遊郭・飛田新地でも中国人“爆買い” 大阪観光ついでにゾロゾロ…賑わいの裏で色町は“サービス”改善模索

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【マニアック街道】
遊郭・飛田新地でも中国人“爆買い” 大阪観光ついでにゾロゾロ…賑わいの裏で色町は“サービス”改善模索

中国人観光客が増えている飛田新地=大阪市西成区(画像を一部加工処理しています)

 遊郭の名残をとどめる大阪・西成区の飛田新地に、中国人観光客が押し寄せている。ツアーで都心のホテルなどに泊まり、夜は男同士で示し合わせ、女性や子供と別行動で“お楽しみ”の時間を過ごしているようだ。お得意の“爆買い”でお金をたくさん使ってくれ、街は繁盛してホクホクかと思いきや、料亭を束ねる飛田新地料理組合からは意外な反応が返ってきた。いわく「一過性の外国人客だけを相手にする商売は“先”がない」。3年後の平成30(2018)年は新地が誕生して100年。それに向け、組合はサービスを含め大胆な改革を検討している。

 8月のある夜、飛田新地で中国語で話しながら歩く男性3人組を見つけた。いずれも30歳前後。Tシャツやポロシャツに半パン、ジーパンというラフな格好で、ホステスの女の子や客引きの年配女性が座る店の玄関口をのぞきながら通りを行ったり来たりしていた。

 そのうちある店の前で立ち止まり、身ぶりを交え中国語で交渉を始めた。間もなく1人が中に入り、女の子と階段を上がっていき、残る2人は店の外でたばこを吸うなどして待機。約15分後、中に入った男性が出てくると、また3人で楽しそうに話しながら通りを歩き出した。どうやら、気に入った女の子を見つけた者がその店に入り、残った者は外で待つと決めて街をめぐっているらしい。

 近くの通りには中国語で会話する別の男性グループもおり、やはりどの店に入ろうかと行きつ戻りつしていた。彼らは情報にも詳しいようで、歩いていたのはいずれも、若くてかわいい女の子が多いと評判の一角だった。

(次ページ)妻子をホテル残し“爆抜き”15分…でも「マナー悪く、“モノ”の…」

このニュースの写真

  • 遊郭・飛田新地でも中国人“爆買い” 大阪観光ついでにゾロゾロ…賑わいの裏で色町は“サービス”改善模索
  • 遊郭・飛田新地でも中国人“爆買い” 大阪観光ついでにゾロゾロ…賑わいの裏で色町は“サービス”改善模索

「産経WEST」のランキング