産経WEST

「超高齢化社会をテーマの万博」「提案型で計画を」-松井知事定例会見詳報

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「超高齢化社会をテーマの万博」「提案型で計画を」-松井知事定例会見詳報

松井一郎氏

 大阪府庁で25日に行われた松井一郎知事の定例会見の詳細は以下の通り。

 【冒頭】

 今年も9月4日に大阪880万人訓練を実施する。午前11時3分に緊急速報メールが、府内の携帯電話やスマートフォンに発信される。府内市町村では、さまざまな訓練を実施するので、ぜひ参加し、災害に備えてもらいたい。

 4月に設置した「国際博覧会大阪誘致構想検討会」の議論の意見や論点などを整理した。府民や企業の国際博覧会に対する理解や関心が低い実態も明らかになった。今後は、博覧会の開催によって目指すべき大阪の将来像やメリットなどを分かりやすく発信し、関心を高めていきたい。立候補については、時間的に厳しいが、2020年の東京五輪後の2025年開催をターゲットにしたい。

 国際博覧会(万博)の開催可能性を調査するため、来月、イタリアを訪れミラノ万博を視察する。

 【質疑】

 --東日本大震災から年月がたつが、880万人訓練で啓発したいことは

 まず自分の命を守り、守れた人には補助が必要な人を支えてもらう「自助、共助、公助」だ。頭でなく、体で覚えてもらいたい。

 --万博誘致への関心が低い要因は

 企業に参加するメリットを具体的に示せていないこと。世界で問題になっている超高齢化社会をテーマにし、提案型万博を具体的に計画していけば、企業の理解も進むと思う。

「産経WEST」のランキング