産経WEST

ゆるキャラ「たか坊」の妹は〝肉食系〟 兵庫県多可町が「ふう子」お披露目

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ゆるキャラ「たか坊」の妹は〝肉食系〟 兵庫県多可町が「ふう子」お披露目

「たか坊」とともに多可町のPRに一役買う「ふう子」(左)=多可町中区

 兵庫県多可町と同町観光交流協会は、町の観光PRやイベントに登場させる新キャラクター「ふう子」の着ぐるみを制作、お披露目した。すでに活躍している初代キャラクター「たか坊」の妹という設定で、兄妹で手分けして各種イベントを盛り上げていく。

 多可町の歴史に関する記述のある「播磨国風土記」の編纂(さん)1300年記念事業の一環。風土記の巨人伝説にちなみ、県立多可高校の生徒が平成22年にデザインした「たか坊」が、年間約100回以上のイベント出演をこなすほど多忙を極めているため、同協会は“助っ人”として50万円の費用をかけて「ふう子」を制作した。

 「ふう子」の名前は風土記に由来。町内にある東山古墳にちなんで勾(まが)玉(たま)の髪飾りや首飾りをしている。おっとりとした性格の「たか坊」と違い、好きな食べ物が肉という活発な“肉食系女子”という設定。

 着ぐるみの身長は「たか坊」よりも低い約150センチで、イベントでは町職員が中に入るという。

 同町の担当者は「手足が自由に動くので、盆踊りやダンスなどのイベントでも活躍できます」と話す。

「産経WEST」のランキング