産経WEST

【旧村上ファンド復活】村上世彰氏ら取締役選任に6割反対し否決…「想定通り」「まだ保守的」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【旧村上ファンド復活】
村上世彰氏ら取締役選任に6割反対し否決…「想定通り」「まだ保守的」

黒田電気大阪本店から車で出る村上絢氏=21日午後、大阪市淀川区(竹川禎一郎撮影)

 かつて村上ファンドを率いて「物言う株主」として知られた村上世(よし)彰(あき)氏ら4人を社外取締役に選任するよう株主提案を受けた電子部品商社の黒田電気は21日、大阪市内で臨時株主総会を開いた。議決権を行使した株主の約6割が反対し、提案は否決された。提案していた旧村上ファンド系投資会社は黒田電気の株式の16%超を握る筆頭株主で、利益の100%株主還元などを求めていたが退けられた。

 総会は非公開で開催され、これまでの定時総会の出席株主とほぼ同数の101人が出席。会場での質問数は18で、例年の定時総会では1時間以内だった開催時間は2時間に及んだ。

 旧村上ファンド系投資会社で村上氏の自己資産を運用するC&Iホールディングス(東京)などは100%還元のほか、「M&A(企業の合併・買収)による業界再編」などを主張。村上氏側は黒田電気の株主宛の文書で「余った資金を投資や配当に回す」などと社外取締役就任への支持を求めたが、多くの株主には浸透しなかった。村上氏の長女でC&Iの最高経営責任者(CEO)、絢(あや)氏は総会終了後、無言で会場を後にした。

 提案に反対した大阪府高槻市の男性株主(79)は「否決は想定通り。村上氏が社外取締役になっても企業価値が高まるか疑問だ」。賛成した岡山県内の男性株主(38)は「やはり日本ではこういう議案が可決されるのは難しいと思った。若い株主が反対に回っており、まだまだ保守的だと感じた」と述べた。

このニュースの写真

  • 村上世彰氏ら取締役選任に6割反対し否決…「想定通り」「まだ保守的」
  • 村上世彰氏ら取締役選任に6割反対し否決…「想定通り」「まだ保守的」
  • 村上世彰氏ら取締役選任に6割反対し否決…「想定通り」「まだ保守的」
  • 村上世彰氏ら取締役選任に6割反対し否決…「想定通り」「まだ保守的」
  • 村上世彰氏ら取締役選任に6割反対し否決…「想定通り」「まだ保守的」

「産経WEST」のランキング