産経WEST

【世界を読む】日米と「激突」!? 中国が中東・アフリカの要衝ジブチに初の海外基地、大型機用の滑走路も建設

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
日米と「激突」!? 中国が中東・アフリカの要衝ジブチに初の海外基地、大型機用の滑走路も建設

ソマリア沖アデン湾を航行するタンカーの上空で、周囲を警戒する海上自衛隊のP3C哨戒機=2015年8月1日(共同)

 インド洋と紅海を結ぶマンダブ海峡に面し、戦略的要衝として知られるアフリカ東部のジブチ共和国で、日米連合と中国が激しい勢力争いを続けている。基地を設けて部隊を配置している日米両国に対し、中国も初の海外基地建設の動きをみせているのだ。

親米路線の国の突然の「変化」

 米国はサハラ砂漠以南のアフリカで唯一、ジブチに基地を設置している。米軍は関係者約4500人を駐留させており、アフリカ諸国への軍事支援や対テロ作戦の拠点としている。自衛隊もソマリア沖のアデン湾に出没する海賊から商船を守る目的で2009年からP3C哨戒機と護衛艦を派遣。11年には海賊対処の拠点となる基地を設け、海上自衛隊や陸上自衛隊の隊員約180人が活動を続けている。

 ジブチはもともと親米路線をとっていたことで知られていたが、今年に入って「変化」が訪れた。ゲレ大統領が5月、ジブチに基地を設置するための協議を中国と行っており、中国の進出を歓迎すると、コメントしたのだ。中国にとっては初の海外に設置する基地となる。

 ゲレ大統領が中国の基地設置を認めた明確な理由は不明だが、中国はすでに09年からソマリア沖に軍艦を派遣するなど海賊対処活動を展開している。活動拠点を設けることでアフリカやインド洋での存在感をさらに高めたい中国と、その経済力に裏打ちされた援助を引き出したいジブチとの思惑が一致したのではないかとみられる。

このニュースの写真

  • 日米と「激突」!? 中国が中東・アフリカの要衝ジブチに初の海外基地、大型機用の滑走路も建設
  • 日米と「激突」!? 中国が中東・アフリカの要衝ジブチに初の海外基地、大型機用の滑走路も建設
  • 日米と「激突」!? 中国が中東・アフリカの要衝ジブチに初の海外基地、大型機用の滑走路も建設

関連トピックス

「産経WEST」のランキング