産経WEST

【衝撃事件の核心】「1人でも多く殺す」山口組トップ狙撃事件の首謀者が真相激白 修羅の道を抜け牧師になった理由とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「1人でも多く殺す」山口組トップ狙撃事件の首謀者が真相激白 修羅の道を抜け牧師になった理由とは

山口組トップ狙撃事件について語る牧師の吉田芳幸さん。当時は武闘派と呼ばれ、山口組組員に射殺された兄の復讐のため、命を捨てる覚悟で山口組との〝全面戦争〟に踏み切ったという=大阪府東大阪市

 日本最大の暴力団「山口組」のトップが狙撃される前代未聞の事件が37年前、京都のナイトクラブで起きた。事件の首謀者は、松田組系「大日本正義団」2代目会長だった吉田芳幸さん(72)。武闘派とまで呼ばれた親分だったが、後にキリスト教に回心し、神の教えを説く伝道者となった人物だ。裕福な家庭に生まれながらも、父親が経営していた会社の倒産で貧しい幼少期を送り、「日本一のヤクザになる」と極道の世界へ。山口組との熾烈(しれつ)な暴力団抗争を繰り広げた末に逮捕され、刑務所の中でさえ山口組関係者から常に命を狙われた。日本中を震え上がらせた抗争事件の裏に何があったのか。産経新聞の取材に対し、吉田さんが重い口を開いた。

裕福な生活から極貧へ

 「タンスの中にお金がたくさんあって、それを盗んでは友達にあげていた」

 昭和18年1月、大阪府布施市(現東大阪市)でも屈指の資産家の家に生まれた。父親は糸工場の経営を番頭に任せ、ずっと家を留守にした放蕩三昧(ほうとうざんまい)。工場の経営はみるみるうちに傾き、小学3年のとき、倒産した。

 「税務署の人が家にやってきて、全部持っていかれた。残ったのは火鉢だけ。冬も兄弟で薄い蚊帳(かや)をかぶって寒さをしのいでいた」

 待っていたのは極貧の生活だった。1玉のうどんにしょうゆをかけ、それを家族で分け合って食べていたほど。3つ年が離れた兄の芳弘氏が新聞配達を始めると、自分も新聞配達や牛乳配達をしながら家計を助けた。一方、「不良とよくけんかをしたが、弱い者はいじめたりしない。正義のヒーローだった」とも振り返る。

 そんなとき、芳弘氏が「不良をやめてヤクザになる」と言い出した。自分が進学した工業高校のラグビー部の先輩にも暴力団関係者がいた。

 「ヤクザは美人を伴っていて、ワニ皮の財布の中に札束を入れていた」

このニュースの写真

  • 「1人でも多く殺す」山口組トップ狙撃事件の首謀者が真相激白 修羅の道を抜け牧師になった理由とは
  • 「1人でも多く殺す」山口組トップ狙撃事件の首謀者が真相激白 修羅の道を抜け牧師になった理由とは
  • 「1人でも多く殺す」山口組トップ狙撃事件の首謀者が真相激白 修羅の道を抜け牧師になった理由とは

関連トピックス

「産経WEST」のランキング