産経WEST

 ミャンマー人らが街頭で、祖国の洪水被害の復興協力呼びかけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


 ミャンマー人らが街頭で、祖国の洪水被害の復興協力呼びかけ

募金を呼びかけるミャンマー人ら=豊中市

 大きな洪水の被害が出ている祖国のために、ミャンマー人留学生らが、大阪府豊中市の大阪モノレール千里中央駅改札前で募金活動に取り組み、復興に向けた協力を呼びかけた。

 募金活動をしたのは、大阪大大学院に留学しているウェイ・ピョー・チョーさんや、神戸市の会社員、ノリーン・キン・レー・ニューさんらミャンマー人16人。

 ウェイさんらは、10月に摂津市内で開く予定のミャンマーPRイベント「素顔のミャンマー展2015」(外務省、摂津市、産経新聞社など後援)の実行委員会メンバー。ミャンマーで大規模な洪水被害が起きたことを報道で知り、募金活動を行うことを決めた。

 日本人も含め総勢二十数人で街頭に立ち、チラシを配るなどして通行人に協力を求めた。募金は、現地で被災者支援活動を展開している「Eleven Media Group」に送金するという。ミャンマー洪水募金の問い合わせは、同実行委((電)070・1745・8383)。

「産経WEST」のランキング