産経WEST

【高槻少女殺害】少女殺害は「快楽殺人」の可能性 専門家指摘 殺意明確も急所狙わず…際立つ異常性

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高槻少女殺害】
少女殺害は「快楽殺人」の可能性 専門家指摘 殺意明確も急所狙わず…際立つ異常性

顔と両手が粘着テープで縛られた少女と見られる女性の遺体が見つかった駐車場=大阪府高槻市番田(中村雅和撮影)

 大阪府高槻市で13日夜に鼻や口をふさぐように粘着テープが巻かれ、両手を後ろ手に縛られた女性の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件は、16日で発生から丸3日となった。遺体は幼い少女の可能性があるにもかかわらず、犯人はおろか、身元すら判然としていない。遺体は薄暗く、幹線道路からも距離がある物流会社の駐車場で、人の目には触れにくい場所に放置されていた。体の左側には30カ所近くの切り傷があったが、右側には目立った外傷はなかった。犯人はなぜ女性を襲い、ここに遺棄したのか。そして女性は誰なのか。多くの謎が積もっている。

 ■乗用車の下に隠す?

 大阪府警高槻署捜査本部によると、遺体が見つかったのは13日午後11時35分ごろ。物流会社の男性従業員(53)が駐車場でトラックをバックさせている際、モニターに写った女性の遺体に気づいたという。

 この第一発見者の男性従業員は13日昼ごろ、乗用車を遺体が見つかったスペースに止めてトラックに乗り換え、仕事に出発。同日午後11時35分ごろ駐車場に戻った。その後、止めてあった乗用車を移動させ、空いたスペースにトラックを止めようとしたところ、バックモニターに写り込んだ遺体に気づいた。

 捜査関係者によると、男性の乗用車の底には、血痕とみられるものが付着していたことが分った。乗用車と地面には数十センチの隙間があり、遺体を駐車場に運び込んだ犯人が乗用車の下に隠していた可能性がある。捜査本部が付着物の鑑定を進めている。

 ■遺体はどこから

 では、どうやって遺体を駐車場に運び込んだのだろうか。

 捜査本部や地元関係者によると、駐車場は周囲は高さ約1メートルのフェンスで取り囲まれ、その外側には幅約5メートルの遊歩道、さらにその外側に幅約1・5メートルの用水路がある。用水路の外側は田畑が広がっている。

 遺体が見つかったのは駐車場の東端。トラックなどが出入りする道路は西側に延びているから、駐車場の奥に遺棄されていたことになる。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング