産経WEST

【日航機墜落30年】坂本九さんの長女で歌手の大島花子さん 日常生きる大切さ伝え続ける 父の曲に思い重ね

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【日航機墜落30年】
坂本九さんの長女で歌手の大島花子さん 日常生きる大切さ伝え続ける 父の曲に思い重ね

父の思い出を語る歌手の大島花子さん

 520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故は12日で30年。犠牲になった人気歌手の坂本九さん=当時(43)=の長女で歌手の大島花子さん(41)は、日々を生きる大切さを歌で伝え続けている。二度と過ごせない父との日常は「何でもない瞬間」にこそきらめきがあったからだ。昨年末に発表した初アルバムでは父のカバー曲を収録し、30年間の思いを重ねて歌った。

 11歳の夏。今も忘れられない光景がある。事故前日のことだった。

 セミの鳴き声と高校野球の中継が聞こえる中、父と庭掃除をした。父は「お、見ろ見ろ、暑いけど汗がぽたぽた垂れてくるのが面白いよね」と笑顔。いつも子供を楽しませようとする父らしい言葉だった。

 ありふれた日常の一コマだが、「どんな瞬間でも、それが輝きを放つことがある。父の命から教えてもらった」。それを伝えるのが歌を歌い続ける理由だ。

 歌手デビューから10年以上がたち、初めて制作したアルバムには、父が作詞作曲を手がけた「親父」を収録した。事故前年のコンサートで、みんなが知っている「九ちゃんスマイル」を見せず、真剣な顔で歌う父の姿を見て、子供ながらに涙が止まらなかった。

このニュースの写真

  • 坂本九さんの長女で歌手の大島花子さん 日常生きる大切さ伝え続ける 父の曲に思い重ね

「産経WEST」のランキング