産経WEST

【経済裏読み】パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか

中国の独自キャラクター「小松」(中央) 中国の独自キャラクター「小松」(中央)

 パナソニックが、中国で旧社名の「松下」の露出を増やしている。同社は平成20年に松下電器産業から社名変更した後も、中国の近代化に協力した企業として知名度が高かった松下電器を社名に使い続けている。中国で家電事業を再生・強化するためのイベント名などに社名を冠し、松下にちなんだ独自キャラクター「小松(Xiao Song)」も登場している。かつて憧れの対象だった企業イメージを呼び覚まし、プレミアム家電を売り込む戦略が功を奏すかが注目される。(松岡達郎)

 中国で松下続々

 6月10日、中国・上海市に美容家電のショールーム「松下・智美体験空間CLUXTA(クリュスタ)」がオープンした。「女性を美しくする空間」というコンセプトで、パナソニックが中国の女性向けに開発した美容家電をそろえ、自由に試すことができる。利用者の感想がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発信、拡散されることで、中国のeコマース(電子商取引)サイトへ誘導するのが目的だ。

 施設名には「松下」が使われ、カタログなどでは「Panasonic」と「松下電器」が並んでいる。

 1月には、上海市内の百貨店で「松下美麗中国行」と銘打ったイベントを開催し、中国で展開している独自キャラクター、小松をコンセプトに家電など主力製品を展示した。

 中国版ツイッターとされるSNSサイト「微博(ウェイボー)」では、同社の事業や商品をPRするアカウント「Panasonic松下中国」を展開しているが、そのコメントをチェックしているフォロワーを集めたイベントも「松下美麗中国行」と称して開き、“小松の誕生日”を祝うイベントなどで催し、盛り上がった。

このニュースの写真

  • パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか
  • パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか
  • パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか
  • パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか
  • パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか
  • パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか
  • パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか

関連トピックス

「産経WEST」のランキング