産経WEST

パナ、テレビ生産V字回復へ30年度に1千万台

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パナ、テレビ生産V字回復へ30年度に1千万台

 パナソニックがテレビの生産台数を、平成30年度に1千万台まで高める計画をしていることが9日、分かった。27年度見込み台数の約1・5倍にあたる。テレビ部門は赤字続きで、一時は全面撤退も検討されたほどだが、日本や欧州、東南アジアなどに市場を絞り込むとともに、高価格帯製品の販売を強化して、V字回復を目指す。

 パナソニックは、現在主流にある「液晶」とは異なる「プラズマパネル」を採用して薄型テレビに参入。大画面に加工しやすいプラズマパネルの特徴を生かしたテレビは北米などで人気を集め、ピークの22年度には2千万台以上を生産していた。

 しかし、ライバルメーカーが液晶の大型化に成功すると販売は一気に減速。サムスン電子など韓国メーカーの低価格攻勢もあり、生産が急激に落ち込んだ。プラズマパネル工場への過剰投資もたたり、23、24年度は2年連続で7500億円超の最終赤字を計上。テレビ部門は継続か撤退かの岐路に立った。

「産経WEST」のランキング