産経WEST

全裸で魚釣り動画 YouTubeに投稿 約8分30秒も…無職男を書類送検 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


全裸で魚釣り動画 YouTubeに投稿 約8分30秒も…無職男を書類送検 

 全裸で魚釣りをする動画を動画投稿サイト「YouTube」に投稿したとして、京都府警下京署は7日、わいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで、京都市下京区の無職の男(28)を書類送検した。同署によると、男は「笑いを取る目的だった」と、容疑を認めている。

 書類送検容疑は4月21日、「YouTube」上に、自分が全裸になって魚釣りをしている様子を撮影した約8分30秒の動画を投稿、不特定多数が閲覧可能な状態にしたとしている。

 同署によると、男は同サイトに頻繁に動画を投稿するいわゆる「YouTuber(ユーチューバー)」を自称。犯行当日は、全裸に麦わら帽子を被った状態で滋賀県内の川で魚釣りをする様子を、三脚に固定したスマートフォンで撮影し、同日中に自宅のパソコンから動画を投稿したという。

 動画公開後、「下半身を露出した動画が投稿されている」と、府警に匿名の申告があり、発覚した。

「産経WEST」のランキング