産経WEST

「アベ政治にノー」は“問題なし”でした 姫路市長が表明 イベント中止させた市が主催者に謝罪へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「アベ政治にノー」は“問題なし”でした 姫路市長が表明 イベント中止させた市が主催者に謝罪へ

 兵庫県姫路市が安倍政権を批判していた労働組合のイベントを中止させた問題で、石見利勝市長は5日、「対応が適切でなかった」として、近く組合側に謝罪する意向を示した。

 市などによると、イベントは、姫路市周辺の労働組合でつくる西播地域労働組合総連合が7月24日にJR姫路駅前の広場で開いた「駅前文化祭」。「アベ政治にノーと訴えましょう」とかけ声が上がるなどし、広場を管理する市が広場利用の趣旨に合わないとして中止を要請。イベントは途中で打ち切られ、組合側は反発していた。

 その後、市が一連の対応を検証。市条例では「公の秩序を乱し、善良な風俗を害するおそれがある」イベントなどには広場の使用を認めないとしているが、組合側のイベントは条例に反しない内容だったと判断。市の対応は不適切だったとして謝罪を決めた。

 石見市長は、同様のトラブルを避けるため、新たな広場の利用に関するマニュアルをまとめることを明らかにした。

「産経WEST」のランキング