産経WEST

海自・補給艦「ましゅう」が舞鶴港を出港、フィリピンで開催のパシフィック・パートナーシップ参加

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


海自・補給艦「ましゅう」が舞鶴港を出港、フィリピンで開催のパシフィック・パートナーシップ参加

海上自衛隊員らに見送られながら出港する補給艦「ましゅう」=舞鶴市の海上自衛隊北吸岸壁

 米海軍などの艦艇が太平洋地域の各国を訪問するパシフィック・パートナーシップに参加するため、舞鶴を母港とする海上自衛隊の補給艦「ましゅう」(1万3500トン、小澤豊艦長)が舞鶴港を出港した。乗組員の家族や多々見良三市長ら地元関係者、海上自衛隊員ら約100人が北吸岸壁(舞鶴市北吸)で見送った。

 パシフィック・パートナーシップは、平成19年にスタート。米海軍を主体とする艦艇が主として太平洋各国を訪問し、医療活動、土木工事、文化交流などを通じて、参加国の連携強化や国際平和協力業務の円滑化などを図っている。

 自衛隊からも毎年艦艇などが参加しており、今回は「ましゅう」と乗組員約150人のほか、自衛隊医療要員約30人、陸上自衛隊施設要員約30人が派遣される。このうち「ましゅう」は、10日から14日までフィリピンでの活動に参加。補給艦の特性を生かした人員や物資の輸送のほか、剣道や柔道などの披露、折り紙やけん玉を通じた各国の関係者との交流などを行うことになっている。

 見送り行事では、眞鍋浩司・第3護衛隊群司令が「訪問先との信頼関係の強化を促進してほしい」などとした重岡康弘・自衛艦隊司令官の訓示を代読。小澤艦長が「地元住民との理解促進にまい進します」などと応えた。

 この後、「ましゅう」は家族や海上自衛隊員らが見送る中、ゆっくりと岸壁を離れていった。

「産経WEST」のランキング