産経WEST

【衝撃事件の核心】「秘密の風俗嬢」主婦〝殺人出産〟 客の子を自宅分娩、血で染まった浴槽で息絶えた幼い命 悲劇の始まりはセックスレス?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「秘密の風俗嬢」主婦〝殺人出産〟 客の子を自宅分娩、血で染まった浴槽で息絶えた幼い命 悲劇の始まりはセックスレス?

中高生の子供を育てていた「普通の主婦」は日中、性風俗店で働き、客の子を身ごもった。家族にひた隠しにして自宅の浴槽で女児を出産、そのまま死に至らしめる。殺人罪に問われた刑事裁判で「殺人でなく事故だった」と主張したが…

 血で真っ赤に染まった浴槽の底で、産んだばかりの小さな赤ちゃんが力なく横たわっていた。風呂場で水中出産した女児をそのまま湯の中に放置して窒息死させたとして、殺人罪に問われた女(45)の裁判員裁判が7月、大阪地裁で開かれた。女は「普通の主婦」として高校生と中学生の子供を育てていたが、実は家族に内緒で性風俗店で働き、思いがけず客の子を妊娠してしまったのだ。大きくなるおなかを隠し通した末の自宅での出産だった。弁護側は女が出産当時、過呼吸に陥って意識がもうろうとしていたと主張し、「殺人でなく事故だった」と訴えたが、判決は女を「殺人犯」と認定した。

出産直後から家族の弁当作り

 「ゼーハー、ゼーハー」

 呼吸が荒くなる。体中の関節が外れて骨がばらばらになるような、腹が裂けるような激痛。過去の経験から陣痛だと分かった。

 昨年9月19日早朝、女は湯を張った浴槽の中にいた。入浴中に急にお産が始まったのだ。予定日まではまだ1カ月あったが、もう遅かった。風呂から上がる余裕すらなかった。

 公判では、当時の切迫した情景が被告人質問などから浮かび上がった。

 「ここで産むしかない」

 力を込めて息んだ。一旦力を抜いて「ハッハッ」と短く呼吸をする。もう一度息んで「ハッハッハッハ」。必死に繰り返すうち赤ちゃんの頭が見え、まもなく体がすべて外に出る感覚がした。続いて胎盤も排出されたのか、湯船はみるみるうちに自分の血で真っ赤に染まっていった。

 しばらく「頭がぼーっとしていた」という女。次に残る記憶として自ら挙げたのは、湯の抜けた浴槽の底に横たわる、へその緒がついたままの女の子の赤ちゃんの姿という。血の気のない真っ白な体は、ぴくりとも動かなかった。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング