産経WEST

【大阪戦争40年】山口組3代目狙撃「取った、手応えあった」そう告げた…「ベラミ」事件首謀者は牧師になった

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪戦争40年】
山口組3代目狙撃「取った、手応えあった」そう告げた…「ベラミ」事件首謀者は牧師になった

 大阪戦争-。40年前の昭和50(1975)年7月26日、後にこう呼ばれる暴力団抗争の火ぶたが切られた。大阪府豊中市の喫茶店で、山口組系組員3人が松田組傘下組員らに射殺された。暴力団がその残忍さを世間に見せつけた報復合戦は熾烈(しれつ)を極め、53年7月には、京都のナイトクラブ「ベラミ」で山口組3代目組長の田岡一雄=当時(65)=が狙撃される。このベラミ事件の首謀者は、松田組系「大日本正義団」2代目会長の吉田芳幸(72)。「いつ死んでもいいと腹をくくった」と振り返る。

「田岡が来ました」

 それほどの覚悟で山口組のトップを狙ったのには理由があった。ベラミ事件の約2年前、初代会長で兄の芳弘=同(35)=を山口組系の組員に射殺されていた。「このままでは絶対終わらせない」。組員らは芳弘の遺骨を懐中に忍ばせていたという。

 田岡がベラミに立ち寄っているとの情報が入ると、吉田は近くのマンションの一室を借り、田岡が現れるのを待ち受けた。実行犯の鳴海清=同(26)=もその一人だった。

 「田岡が来ました」

 蒸し暑い7月の夜。店内に潜入していた鳴海から一報が入った。吉田は「10分間待て」とだけ伝え、配下の組幹部2人を車で急派したという。

 しかし、車は途中でパンク。2人が予定より約30分遅れて到着すると、ちょうど鳴海が店内から出てきた。鳴海は「取った。手応えはあった」と話した。だが、鳴海の銃弾は確かに田岡の首を貫通したが、奇跡的に一命を取り留めた。

(次ページ)警察の威信、山口組の主要幹部ら282人、クリスチャン、韓国…

このニュースの写真

  • 山口組3代目狙撃「取った、手応えあった」そう告げた…「ベラミ」事件首謀者は牧師になった
  • 山口組3代目狙撃「取った、手応えあった」そう告げた…「ベラミ」事件首謀者は牧師になった

関連トピックス

「産経WEST」のランキング