産経WEST

【衝撃事件の核心】5億円ネコババ弁護士の〝裏の顔〟 脳障害少女の家族も食い物に はぎ取られた「弱者の味方」の仮面

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
5億円ネコババ弁護士の〝裏の顔〟 脳障害少女の家族も食い物に はぎ取られた「弱者の味方」の仮面

弁護士による多額着服・詐取事件の構図。大阪弁護士会(左上)所属の弁護士、久保田昇被告による犯行は平成21年春から今春まで実に6年にも及んだ。大阪地検特捜部が弁護士事務所を家宅捜索(下)、強制捜査に乗り出したことで「弱者の味方」の仮面がはぎ取られた

 5億円近い大金をネコババしたのは、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とするはずの弁護士だった。依頼人からの預かり金など計約4億9千万円を着服、詐取したとして、大阪地検特捜部は業務上横領や詐欺の罪で大阪弁護士会所属の弁護士、久保田昇被告(62)を起訴した。一連の捜査で、交通事故で脳障害を負った10代の少女一家が受け取るはずだった示談金約5400万円まで着服する無慈悲ぶりも判明。柔和な笑顔を浮かべた「弱者の味方」という〝仮面〟ははぎ取られた。横領などの不正が全国的に相次ぐ弁護士。業界はいまだ有効な対策を打ち出せておらず、国民の「不信」は拡大する一方だ。

「事務所移転で書類破棄」

 「ひとりでは重い荷物も二人三脚なら軽くすることができる」。事務所のホームページに柔和な笑顔で登場し、依頼を呼びかけていた久保田被告。しかし、実際に手に入れたかったのは、依頼人の苦しみの解決でなく、「カネ」だった。

 大阪地検特捜部が今回立件した横領・詐欺事件の被害者は(1)新潟市の建設会社(2)大阪府岸和田市の建設会社(3)大阪市内で幼稚園を運営する学校法人(4)娘の交通事故の示談金請求業務を委任した女性。犯行時期は平成21年春から今春まで、実に6年間にも及んでいた。

 不正発覚の発端は、新潟の会社の事件だった。この会社が兵庫県内で施工した病院の建物の欠陥を巡って訴訟を起こされ、代理人を委任されたのが同社の大阪支店の顧問弁護士を務める久保田被告だった。大阪高裁で23年9月に和解が成立したが、訴訟の過程で法務局に支払っていた供託金など約3億5千万円が返還されず、同社は久保田被告を相手取り、25年に大阪地裁に提訴したのだ。

(次ページ)なりふり構わぬ金策…示談9200万円、振り込みは一部だけ…

このニュースの写真

  • 5億円ネコババ弁護士の〝裏の顔〟 脳障害少女の家族も食い物に はぎ取られた「弱者の味方」の仮面

関連トピックス

「産経WEST」のランキング