産経WEST

【ビジネスの裏側】中国人が爆買いする「神薬12」 日本人が知らなかった小林製薬のスゴイ実力

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
中国人が爆買いする「神薬12」 日本人が知らなかった小林製薬のスゴイ実力

 中国人観光客らによる「爆買い」で人気が高いのが“神薬”とも呼ばれる日本の医薬品だ。とくに昨年10月に中国のネットメディアで「日本に行ったら買わねばならない」と紹介された「12の医薬品」が売り上げを伸ばし、そのなかで5製品が取り上げられたのが中堅大衆薬メーカーの小林製薬だ。なぜ同社の製品が支持されるのか。ニッチでも類似品のない新市場の開拓を目指すオリジナル戦略が中国人らのハートをつかみ、爆発的なヒットにつながっている。(阿部佐知子)

神薬の売れゆき

 「インバウンドの取り込み策を強化する」。

 7月1日の新製品発表会で、小林製薬の小林章浩社長はこう意気込んだ。

 好調なのが傷口に塗ると皮膜で菌の侵入を防ぐ液体絆創膏「サカムケア」だ。今年4~6月の売り上げが前年同期の5倍以上となった。そのほか、皮膚の赤みを改善する塗り薬「ニノキュア」は約1・5倍、額に貼るタイプの冷却用「熱さまシート」は約4割増になった。

 売り上げが伸び始めたのが昨年秋ごろだ。昨年10月に中国の大手ポータルサイト、捜狐(SOHU)で、「日本に行ったら買わねばならない12の医薬品」という記事が掲載されたのがきっかけだという。

 このサイトでは、サカムケアは「傷口を水分から保護するので衛生的」と紹介され、熱さまシートは「はがれにくい。急な発熱のために常備したい」とコメントが載っている。

爆売れ、理由は単純…「日本製で安心」「他には無い商品」、そして

「産経WEST」のランキング