産経WEST

【ビジネスの裏側】命縮めた「天才」任天堂・岩田社長 対ソニーで屈辱味わい、民主党政権下の不運に泣く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
命縮めた「天才」任天堂・岩田社長 対ソニーで屈辱味わい、民主党政権下の不運に泣く

 任天堂社長の岩田聡氏が7月11日に55歳の若さで死去した。任天堂は平成27年3月期に4年ぶりに営業黒字に転換したとはいえ、主力の北米市場での不振など課題は山積し、改革道半ばでの悲報。最後の表舞台となった6月26日の株主総会で、岩田氏は「娯楽ビジネスはお客様に驚いていただくことに価値がある」との“遺言”を残した。携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」や据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」といった革新的な製品開発を主導した「天才」の後を継ぐ経営陣による立て直しが急がれる。(藤原直樹)

 最後の表舞台で“遺言”

 「雨はほんとに記憶がないんですよ」

 京都市南区の本社開発棟で開かれた任天堂の株主総会で、同社幹部は空を見ながら、こうつぶやいた。株主総会は例年、梅雨の時期に開かれるが、任天堂の総会で雨になることはほとんどなかったという。

 岩田氏はその1年前、胆管腫瘍の手術を受けたことを公表し、療養のため前年の総会を欠席した。今年の総会は、岩田氏が2年ぶりに出席するとあって、600人を超える株主がつめかけた。

 岩田氏は約1時間の株主からの質問をほぼ1人で回答。元気そうな姿を見て、ほっとしたような表情で帰路に向かう株主の姿が印象的だった。それから2週間余りでの訃報。総会時には相当に病魔にむしばまれていたことになる。雨は何かを暗示していたのか-。

 常に新しいアイデアや感動を提供することを求められる任天堂で14年から社長を務めた岩田氏。常人には理解できないほどの重圧があったのは間違いない。それでも岩田氏は重要な決定はほぼすべて自ら下してきた。

 総会で株主から開発中の新型ゲーム機「NX」について問われた岩田氏は次のように答えている。

(次ページ)天才の名言…岩田氏「手品と同じ。説明よりも、世の中に驚きを…」

このニュースの写真

  • 命縮めた「天才」任天堂・岩田社長 対ソニーで屈辱味わい、民主党政権下の不運に泣く

「産経WEST」のランキング