産経WEST

【浪花ぐらし】夫婦関係の妙伝える川柳の諧謔…「猿を飼う」「鬼と暮らす」!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【浪花ぐらし】
夫婦関係の妙伝える川柳の諧謔…「猿を飼う」「鬼と暮らす」!?

竹内政明さんの「名文どろぼう」(文春新書)

 今年度の日本記者クラブ賞受賞者、竹内政明さんの「名文どろぼう」(文春新書)を読み直す機会があった。

 すでに5年前に出た本だが、開くとその名調子にぐいと引き込まれる。竹内さんは読売新聞の朝刊コラムを平成13年から担当しており、古今東西の名文を引用しながらのコラムには定評がある。「名文どろぼう」は自身のネタ帳から惜しげなく言葉を引き出し、たっぷり楽しませてくれる。

 先だって「文章の書き方」なんていうお題で話す機会があり、この名著を紹介したいと読み直したのだ。「名文どろぼう」からそっとお知恵を拝借した次第。

 中年女性の集まりとあって夫婦に関する言葉に注目して紹介した。竹内さんは深淵なる夫婦関係の妙を伝えるのは川柳の諧(かい)謔(ぎゃく)こそふさわしい、と考えたか、いくつかの川柳を登場させている。

 まずはシルバー川柳の入選作から。

 「赤い糸 夫居ぬ間にそっと切る」

 そこから赤い糸の結び方、切り方についてあれこれ展開する見事な手際は本文でぜひ味わっていただくとして、もうひとつ、登場する川柳もすごい。田辺聖子さんの「川柳でんでん太鼓」から引用したという森中恵美子さんの川柳。

 「ネクタイを上手に締める猿を飼う」

「産経WEST」のランキング