産経WEST

【喜瀬雅則の野球行脚】球児君は“ザックジャパン”を超えた!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【喜瀬雅則の野球行脚】
球児君は“ザックジャパン”を超えた!?

【四国アイランドリーグプラスオープン戦 高知対香川】試合終了後、残ったファンにサインする高知・藤川球児=12日、高知球場(中島信生撮影)

 プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグプラスの高知球団に、前レンジャーズの藤川球児君が電撃入団してから、およそ2カ月。球団ではあらゆる過去の記録が“球児効果”で続々と塗り替えられているそうです。その一端をご紹介します。

 【その1】W杯を超えた!

 昨年のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の際、高知・桂浜で開催されたパブリック・ビューイングに、球団は飲み物や軽食を販売する店を出店。その売り上げ150万円が過去の“1日の最高記録”だったそう。

 ところが、球児君が高知で初登板を果たした先月20日、飛ぶように売れた生ビールの売り上げだけで63万円。少なくともビールに限っては、W杯時を上回って球児君登板のときが最高値。本田君も香川君もザッケローニさんも全部束になってかかっても、球児君1人で圧勝したというわけです。

 【その2】カツオのタタキも売れちゃった

 球児君入団を報じた先月1日の球団ホームページ(HP)のアクセス数約7万は球団新になりましたが、ここで思わぬ“副産物”が生まれました。

 HP上のオンラインショップで、背番号11入りのユニホームなどの球児グッズだけでなく、以前から売り出していた球団キャップ、さらに「カツオのたたき」や選手たちが作る農産物に県外のファンからの注文が相次ぐなど、先月のオンラインでの売り上げは、球児君関連の55万円を含め73万3千円。これも球団歴代1位の記録です。

 【その3】1人で倍増

 先月、球児君登板の2試合、球場で売れた彼のグッズはユニホーム型キーホルダー280個、ネームと背番号入りのTシャツ140枚、ユニホーム30着で、関連グッズの先月の売り上げだけで106万1千円。過去の球場販売での1カ月最高は、昨年9月の51万円なので、球児君一人だけで倍増した勘定。スーパースターが産み出す経済効果、まさに恐るべしです。

このニュースの写真

  • 球児君は“ザックジャパン”を超えた!?

「産経WEST」のランキング