産経WEST

【ビジネスの裏側】“エアコン王”ダイキンに挑むパナ 中国・東南アジアでBtoB対決 「セット営業」の三菱と三つどもえ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
“エアコン王”ダイキンに挑むパナ 中国・東南アジアでBtoB対決 「セット営業」の三菱と三つどもえ

工場やドーム式野球場など大型施設向けのパナソニックの業務用エアコン 工場やドーム式野球場など大型施設向けのパナソニックの業務用エアコン

 家庭用エアコンの国内首位のパナソニックが、ビルや工場で使用する業務用も強化する方針を打ち出し、空調分野でもBtoB(企業間取引)に注力する姿勢を鮮明にした。中国と東南アジアを重点地域に位置づけ、販路確保のためM&A(企業の合併・買収)を検討する。これに対しエアコン全体の“世界首位”のダイキン工業は全世界をくまなく網羅する「横綱相撲」で迎え撃つ。業界ではエレベーターとのセット営業に強みを持つ三菱電機の存在感も大きく、エアコンをめぐる国内外の戦線がますますヒートアップしそうだ。(藤原直樹)

三洋の技術を継承

 「家庭用エアコンで稼いだ利益を業務用の大型エアコンへの投資に使って商品力を高める」

 パナソニックの津賀一宏社長は4月28日に東京都内で開いた平成27年3月期連結決算発表の会見でこう強調し、業務用エアコンの強化を宣言した。

 パナソニックは家庭用エアコンでは国内シェアトップだが、業務用はダイキンに大きく差をつけられている。量販店での価格競争が激しい家庭用に比べて業務用は安定した収益が見込めるためパナソニックは業務用へのシフトを打ち出す。それに伴い、家庭用の収益も業務用への投資に回していく考えだ。

 パナソニックはさらに、エアコン事業の強化のため今年4月、事業部を超える権限を持つ社内組織「エアコンカンパニー」を設置。カンパニー長には吉田守常務(現常務役員)をあてる手厚い態勢でダイキン追撃への組織づくりを行った。

 パナソニックの業務用エアコンの特徴は、室外ユニットの圧縮機をガスエンジンで動かす「ガスヒートポンプエアコン」の比率が高いことだ。21年に子会社化した三洋電機の技術を継承しており、群馬県と中国に工場がある。

「2兆円」ダイキン…>世界では中韓しのぎ

このニュースの写真

  • “エアコン王”ダイキンに挑むパナ 中国・東南アジアでBtoB対決 「セット営業」の三菱と三つどもえ
  • “エアコン王”ダイキンに挑むパナ 中国・東南アジアでBtoB対決 「セット営業」の三菱と三つどもえ

「産経WEST」のランキング