産経WEST

国内最悪から「アジアの玄関口」へ…福岡空港・国内線新ターミナルビルが起工式

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国内最悪から「アジアの玄関口」へ…福岡空港・国内線新ターミナルビルが起工式

起工式が行われた福岡空港国内線ターミナルビルの完成予想図

 福岡空港(福岡市博多区)の新しい国内線ターミナルビルの起工式が21日、行われた。福岡空港は続いて、民営化と滑走路増設が予定されている。新ターミナル着工は、国内最悪ともいわれる混雑状態の解消と、西日本の「ハブ空港」への大きな布石となる。(村上智博)

完成は平成31年春

 新ターミナルは、既存ターミナルの東側に建設する。完成予定は平成31年3月としている。

 現在3つに分かれている国内線ターミナルを1つのビルにまとめる。地上5階・地下2階で、延べ床面積は12・8万平方メートルとなる。

 駐機スポットは現在の21カ所から24カ所に増え、福岡市営地下鉄空港線の駅と、航空会社のカウンター(1階)や出発口(2階)に向かう直通エスカレーターも整備する。

 建設費は346億円で、清水建設、銭高組、西鉄建設の共同企業体(JV)が施工する。

 福岡空港の国内線ターミナルは、昭和44年に現在の第1ターミナルが開業した。増改築で対応してきたが、利便性がよいとは言えなかった。

 ターミナルを建設する第三セクター「福岡空港ビルディング」の麻生渡社長は「アジアの玄関口として親しんでもらえるビルにしたい」と述べた。

滑走路増設へ

 ターミナル新設は元々、福岡空港の混雑緩和策として浮上した。

 福岡空港には2800メートルの滑走路が1本しかない。これに対し、福岡空港の平成26年度の離着陸回数は、国土交通省などによると17万1千回に達した。円滑に離着陸できる上限は年間16万4千回とされ、福岡空港ではラッシュ時の発着遅れが常態化している。

 また、今後も訪日外国人の増加で国際線の需要増加が予想される。

 国交省は、駐機スポットと滑走路を結ぶ「誘導路」の複線化を決めた。ターミナル移動によって滑走路との間に生じたスペースに、2本目の誘導路を建設する。国土交通省によると、誘導路複線化で、若干の混雑緩和につながるという。

このニュースの写真

  • 国内最悪から「アジアの玄関口」へ…福岡空港・国内線新ターミナルビルが起工式
  • 国内最悪から「アジアの玄関口」へ…福岡空港・国内線新ターミナルビルが起工式

「産経WEST」のランキング