産経WEST

「パトとドキドキしたかった」路上にブロックやレンガ、容疑で中2を6人摘発 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「パトとドキドキしたかった」路上にブロックやレンガ、容疑で中2を6人摘発 大阪府警

 道路幅いっぱいにコンクリートブロックやレンガを並べ、通りかかったミニバイクの男性を転倒させて重傷を負わせたとして、大阪府警平野署が往来妨害致傷容疑で、大阪府内の中学2年の男子生徒(14)を書類送検するなど少年計6人を摘発していたことが21日、同署への取材で分かった。

 平野署は男子生徒のほか、いずれも13歳で中2の少年5人を往来妨害致傷の非行内容で児童相談所に通告。このうち主導役の1人は「パトカーとドキドキするようなことをしたいと思い、ブロックを置いた」などと説明しているという。

 書類送検容疑は5月10日午前4時20分ごろ、大阪市平野区加美正覚寺の市道にブロックやレンガ、ペットボトルを計約30個置き、ミニバイクの男性(48)=同区=を転倒させ、肋骨(ろっこつ)を折るなどの重傷を負わせたとしている。

 同署によると、現場は片側1車線で幅約9メートルの直線道路。

「産経WEST」のランキング