産経WEST

りそなが時間外サービスを拡大、24時間決済や無休店舗、銀行界に波紋

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


りそなが時間外サービスを拡大、24時間決済や無休店舗、銀行界に波紋

グループ銀行間で24時間365日振り込みを開始したりそな銀行。店頭も午後5時まで営業している=大阪市中央区

 夜間や休日は「役立たず」-。そんな銀行業界に対する“レッテル”を覆そうと、りそなホールディングス(HD)が挑んでいる。すでに取り組んでいる年中無休店舗の拡大などに続き、傘下の3銀行間でいつでも振り込み可能なサービスを今春から始め、反響を呼んでいる。業界に追随機運が高まる一方、戸惑いも聞かれ、波紋を広げている。(石川有紀)

 多くの企業で給与支給日にあたる毎月25日。大阪・北浜のオフィス街では、昼休みになると引き出しや振り込みのため、銀行窓口やATM(現金自動預払機)に長蛇の列ができる。

 そんな光景を横目に、ゆっくりランチに時間をかけるのが、りそな銀を使う大阪市の会社員男性(46)だ。「帰宅後や土日でも、ネットバンキングで振り込めば即座に着金する。銀行の営業時間を気にしなくなった」。りそなの振り込み24時間化で、日常のストレスからも解放された。

 りそなHD広報は「利便性を感じてもらえているようだ。ネット通販の商品の受け取りと代金回収も早まる」と手応えを口にする。

 これまでも、りそなは「銀行の常識は世間の非常識」として、銀行界のタブーに挑んできた。営業時間の延長に続き、傘下3銀行が週末も営業する店舗を増強しており、休日も住宅ローンの融資を行うサービスを今年度中にも始める。

このニュースの写真

  • りそなが時間外サービスを拡大、24時間決済や無休店舗、銀行界に波紋

「産経WEST」のランキング