産経WEST

陸自演習中の流れ弾が民家へ  陸上自衛隊・饗庭野演習場近く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


陸自演習中の流れ弾が民家へ  陸上自衛隊・饗庭野演習場近く

住宅の2階に落ちてきた銃弾

 16日午後5時半ごろ、滋賀県高島市今津町保坂の住宅で、屋根と天井を貫通した銃弾1発が2階の部屋に落ちているのに住人が気付き、県警高島署などに通報した。銃弾は、この住宅の南東500メートルにある陸上自衛隊・饗庭野(あいばの)演習場で射撃訓練中に発射された流れ弾だったことが、同署や陸自の調べで判明。同署は、訓練の方法に問題がなかったかどうかなどを詳しく調べている。

 同署によると、銃弾は口径12ミリ、長さ6センチ。同日午後1時半ごろ、屋根の方から「パシッ」という音がしたのを住人が聞いていたという。屋根瓦が割れ、天井に2センチほどの穴が開いていた。

 住宅は2階建てで3人暮らし。3人にけがはなかった。

このニュースの写真

  • 陸自演習中の流れ弾が民家へ  陸上自衛隊・饗庭野演習場近く
  • 陸自演習中の流れ弾が民家へ  陸上自衛隊・饗庭野演習場近く

「産経WEST」のランキング