産経WEST

奈良県警オービス担当はまさかの専従1人だけ…不正の温床に 他府県警から「ありえない」の指摘 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良県警オービス担当はまさかの専従1人だけ…不正の温床に 他府県警から「ありえない」の指摘 

 加重収賄罪などで起訴された中西祥隆被告は奈良県警高速隊に所属した12年間のうち6年間、オービスでの摘発に関わる業務を1人で担当。違反者を呼び出してもみ消しを持ちかけ、交渉が成立すると画像を操作して「検挙不能」とした書類を再提出するという手口で不正を繰り返していた。

 県警によると、オービスのデータを処理する端末機は高速隊に1台だけで、これまで専従の担当者が1人で処理。データは書き換えられない仕組みだが、画像の明るさ調整は可能だ。

 中西被告は対象者の書類をいったん作成し提出後、呼び出しの際にもみ消しを持ちかけ、対価を要求。“取引”が成立すれば、画像の明るさを調整して車のナンバーや運転手の顔を不鮮明にし、「検挙不能」とした書類を再提出していた。複数の上司が書類を確認していたが、県警の調べに「信頼して任せてしまった」と釈明したという。

 県警監察課は今回の不正を「オービスを1人で担当させていたことが最大の原因」と分析。今後は複数で担当させ、パトロールのペアを定期的にかえるなどの再発防止策をとるとした。

 だが、奈良県警の体制には他府県警から「あり得ない」との指摘もある。

「産経WEST」のランキング